スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都職員の活字離れ深刻 1割が「本読まない」(産経新聞)

 東京都が職員の“活字離れ”を防止するため、全国に先駆けて実施した有識者による勉強会には290人の職員が参加し、意識の高さを示した。ところが、参加職員のうち、過去1カ月間に1冊も本を読まなかった職員が12%、新聞を購読していない職員が25%もいたことが20日、分かった。いずれも20代職員が半数を占めており、若い職員の間でも活字離れが深刻化している実態が浮き彫りになった。

 都は16日の勉強会で、参加者に読書などについてのアンケートを実施。参加者中254人が回答した。

 都の集計によると、過去1カ月の本の購読数(漫画や雑誌を除く)についての質問に「2冊」と答えた職員は26%で最多を占めたが、「読まなかった」と答えた職員も12%と4番目に多かった。

 「読まない」と回答した職員の年齢層は20代が47%とほぼ半数。30代が25%と続き、若年層の職員の本離れが顕著となった。

 読まなかった理由について複数回答で尋ねたところ、「時間がない」が72%、「読みたい本がない」が24%などとなった。

 一方、新聞の購読状況の質問では、「1紙」が60%でトップだったが、「購読していない」も25%と2番目に多かった。購読していない職員の年齢層は20代が47%、30代が33%と20~30代で8割に達し、役職別では主事が51%と過半数を占めた。理由については「インターネットで情報が得られるから」が60%で大半を占めていた。

 都は今年度、猪瀬直樹副知事の発案で、若者を始めとする昨今の活字離れに歯止めをかける有識者会議を設置し、対策を検討する方針を掲げている。

 石原慎太郎知事も16日の定例記者会見で、「人間は書籍を読み、考える力を養ってきたが、メディアが多様化し、ものを考える力が弱まっている。新たに局横断的な検討チームを設置して専門家からの意見をふまえて対応したい」と述べている。

【関連記事】
日本語力、職員から 都が勉強会 “足元”強化
本屋大賞に冲方丁さん「天地明察」
1Q84が週間1位に
「ウイスキーのお供に本を」 ニッカと丸善が初のセット販売
「誰でも作家に」出版不況乗り越え、山梨ふるさと文庫200冊

安藤前知事に控訴審判決へ=宮崎談合・汚職事件-福岡高裁支部(時事通信)
不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
INAXの中傷文書送付=ブローカー、容疑で逮捕-三重県警(時事通信)
社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)

南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ-日本(時事通信)

 6月にモロッコで開かれる国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会に向けた国際交渉で、日本が南極海で行っている調査捕鯨について捕獲頭数を半減させることも視野に交渉していることが20日までに明らかになった。日本沿岸での商業捕鯨再開を認めさせるのが狙い。IWCは22日にも関係国の意見を踏まえた議長提案の改定案を公表する。
 南極海の調査捕鯨で日本は2005年度以降、毎年765~935頭のクロミンククジラを捕獲する計画を立ててきたが、捕獲実績は計画を下回り、09年度は約500頭にとどまっていた。これを04年度以前の計画である同360~440頭まで減らすことで、沿岸枠の獲得に反捕鯨国の理解を得たい考えだ。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】「ジャマモク」でヘルシーに! 海藻博士の奮闘記
〔写真特集〕調査捕鯨
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
〔写真特集〕巨大海洋生物 ダイオウイカとその仲間

【風】「女の生き方」どちらに共感?(産経新聞)
<脳脊髄液減少症>保険診療対象の周知徹底、自治体に通知へ(毎日新聞)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)
<若年認知症>全国組織5月発足 家族らの負担軽減目指し(毎日新聞)
京急線生麦駅の変電施設から煙、1600人が線路上を歩き避難(産経新聞)

<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)

 派遣労働の問題点を告発する労働者らでつくる「非正規争議をたたかう有志の会」が14日、今国会に提出された労働者派遣法改正案を批判し、東京・永田町の国会議員会館前や民主党本部前で座り込みをした。

 有志の会は改正案について、専門26業務の見直しがないことや登録派遣、製造業務派遣を原則禁止としていながら、常用型派遣としてその8割が例外となることなどを取り上げ、「この改正案では、私たちは救われない」と訴えている。

 座り込みには労働組合メンバーも加わり、約30人が参加。「労働者のための安定した雇用につながらない」と改正案の見直しなどを強く求めた。

【関連ニュース】
日弁連:派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会
労働政策審議会:意見の尊重を…政治主導に注文
労働時間:有休取得率に目標 ガイドライン改正
労働者派遣法:改正案を閣議決定 規制強化へ
派遣法改正案:「事前面接」解禁は見送り 基本政策閣僚委

「玻」の人名使用認めず=両親の申し立て退ける-最高裁(時事通信)
雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】地大豆、苦難経て特産品に(産経新聞)
1歳男児が変死=母が119番-大阪(時事通信)
山崎さん、琴の演奏披露=野口さんは笛、俳句も-首相官邸との交信で(時事通信)

<雑記帳>小遊三、たい平両師匠の古里対決“場外”でも(毎日新聞)

 テレビ番組「笑点」で互いの古里自慢を繰り広げる山梨県大月市出身の三遊亭小遊三さんと埼玉県秩父市出身の林家たい平さんが6月6日、大月市民会館で“激突”する。題して寄席「笑いの対決」。

 小遊三後援会が主催し市が後援する。両市とも首都圏にほど近く、面積の8割以上を森林が占める小都市。「大喜利」では小遊三、たい平両師匠による「大月・秩父代理戦争」が名物になっている。

 当日は両市長も“参戦”予定。石井由己雄・大月市長は「秩父はセメント会社のイメージ。交通の便は大月がはるかに良い」と先制攻撃。問い合わせは同会(0554・22・4811)。【福沢光一】

【関連ニュース】
遊ナビ:寄席 /東京
林家木久扇:師匠急死を回顧 「ショックでしたねえ」
落語:円楽襲名興行 笑点メンバーが爆笑あいさつ
林家こん平:絶叫「チャラ~ン!」が戻ってきた
落語:毒舌飛び交う披露公演に六代目新円楽は涙

くも膜下出血 働き盛り注意! 脳ドックが有効(産経新聞)
国宝飛雲閣の公開始まる 西本願寺(産経新聞)
BPOが日テレに質問状 「行列のできる相談所」で(産経新聞)
教育一括交付金を検討=使途、地域の裁量に-文科省(時事通信)
中国で日本人に死刑執行、国交正常化後初めて(読売新聞)

風で車掌の帽子飛ぶ、拾ってる間に電車発車(読売新聞)

 2日午前6時30分頃、神戸市灘区のJR東海道線灘駅で、西明石発高槻行き普通電車(乗客約250人、7両)の車掌(49)が、出発を合図して乗り込もうとした際、突風で制帽を飛ばされ、ホーム上に落ちた帽子を拾いに行っている間に電車が発車した。

 車掌は約2キロ先の次の六甲道駅までタクシーで移動。

 電車は同駅で到着を待っていたため14分遅れ、後続の上り3本が9~5分遅れ、約2000人に影響した。

 JR西日本の社内規定では、列車が発車する際、車掌はホームの安全確認のため、無断で乗務員室を離れることはできない。

 同社神戸支社によると、車掌は「すぐに取って戻れると思った」と話しているという。同支社広報担当は「再発防止に努めたい」としている。

 神戸海洋気象台によると、神戸市内は午前6時20分頃に風速15・7メートルの強い風が吹いていた。

普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相(産経新聞)
大宅賞に上原、川口両氏(時事通信)
東住吉でコンビニ強盗未遂(産経新聞)
決まった高校「行きたくない」、幾度も母親の腹刺す 15歳逮捕(産経新聞)
<震度計>26地点で運用停止 軟弱地盤で過大観測(毎日新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。